人気ブログランキング |
ブログトップ

銀器とナイフに魅せられて

ginkinaifu.exblog.jp

アンティークのスプーンやナイフ&たまにカスタムナイフその他も紹介

以前ティファニーのバタースプレッダーを紹介しましたが、

今回紹介するのはティファニー以外のアメリカ製品です。


2~3のメーカー名は知っていたのですが、メーカーやパターン名の検索したところ、

アメリカには想像していた以上の膨大なメーカー数、さらに実に様々なパターンがあり驚きました。


バタースプレッダーですので、形状はどれもそれほどの違いはないですが

柄の部分はそれぞれ特徴のある、素敵な形状になっています。

アメリカ製シルバー・バターナイフ(スプレッダー)_a0389018_20331543.jpg
アメリカ製シルバー・バターナイフ(スプレッダー)_a0389018_20333829.jpg


一番上はゴーハム社 バタースプレッダー

Gorham Manufacturing Co.1865-Present

パターン名はランカスター

Lancaster pattern1897年デザイン)

ランカスターローズの小さな薔薇がちりばめられています。

北米 925銀 ランカスターローズ バタースプレッダー


2
番目は

マンチェスター社 バタースプレッダー

ManchesterSilver Co. ( 1887-1985)

パターン名 ヴァランシエンヌ

Valenciennes pattern(1938年デザイン)

花のパターンがあるボビンレースでヴァランシエンヌレースの名前があり、

生産しているフランス北部の自治体(コミューン)の名前でもあります。


3番目は

ベイカー・マンチェスター社 バタースプレッダー

Baker-Manchester (c.1914-c.1930)

パターン名 ラファイエット

Lafayette pattern(1898年デザイン)

ラファイエットはアメリカ ルイジアナ州の都市名ですが、パターン名との関連は不明です。


4番目は

キルク社 バタースプレッダー

S. Kirk & Son (1846-1979年)

パターン名 ルプセ

Repoussé pattern (1828年デザイン)
美しい模様はルプセという立体的な装飾芸術でKIRKを代表する有名なパターンです。


5番目は

ウォレス社 バタースプレッダー

R. Wallace & Sons Mfg. Co. ( 1871-Present)

パターン名 ローズポイント

Rose Point pattern (1934年デザイン)

中央に可愛らしいバラが浮き出しています。




# by meichan007 | 2020-01-09 07:42 | 銀のナイフ | Comments(0)

直線が美しい6面にカットされたアンティーク(ビンテージ)のランプベルジェです。


このモデルはクリスタル製で、透明なものやグラデーションの物など

6種類のカラーで作られました。


正面のランプは、最初に造られたモデルです。

大きめサイズで重量もあり、下まで直線が続いてキリッとした中にどっしり感があります。

キャップも円筒形の厚みのあるしっかりしたもので、造形も素敵ですね。

6面体の端正な印象のランプべルジェ_a0389018_08215926.jpg

後方はのちに修正されたモデルで下の部分にカットが加えられ、

ややソフトな印象になりました。


キャップは当時の標準的なものですが、とても人気のある形です。

C Pyramide クリスタル1925-1930


ランプベルジェに使用できるアロマオイルは、他のメーカーからも発売されてます。
随分と色々試してみましたが、
結局好みがありますので、使用する物は限られています。


私は
伽羅の香りが好きなのですが、さすがにランプベルジェ用はありません。

6面体の端正な印象のランプべルジェ_a0389018_08221279.jpg

写真は素焼きの香炉にこの液体を入れて
伽羅の香りをルームフレグランスとして楽しむ為のものですが、
イソプロピルアルコールにこの液体を混ぜて使用しています。
思った以上に十分に楽しめますよ。


# by meichan007 | 2020-01-07 07:47 | ランプベルジェ | Comments(0)

Tiffanyは宝飾品で有名ですが、多種多様の素敵な製品を作り続けています。
シルバーカトラリーも実に様々なパターンのデザインが生まれてきました。

このオリジナルボックスに納められた
12種の花のシルバー デミタス(コーヒー)スプーンは、

資料が見当たらず、正確な年代が不明ですが

スプーン後面のの刻印から
John C. Moore II 1907-1947年)のデザインと思います。

ティファニースプーン 12種の花模様_a0389018_09054711.jpg
ティファニースプーン 12種の花模様_a0389018_15015175.jpg


どの方向から見ても、とても端正なフォルムのスプーンです。


柄に規則正しく刻まれた溝は、

コリント式などの古代ギリシャの柱を思わせますね。


柱の上には様々に模られた花模様・・・・その組み合わせが、

さらに美しさを引き立たせています。


12種の花が揃うと、さすがに豪華です。

ティファニースプーン 12種の花模様_a0389018_15024948.jpg


花の名前は私には全く不得意の分野ですので、
家内やネット関係の沢山の方の助言をいただきました。
(かなりデフォルメされているのもありますので、必ず正しいとは言えませんが)


左から

1.lily(ユリ) 2.gerbera(ガーベラ) 3.holly(ヒイラギ)
4.poppy(ポピー) 5.anemone(アネモネ) 6.rambler rose(ランブラーローズ)



ティファニースプーン 12種の花模様_a0389018_15032250.jpg

7..clover(クローバー) 8.maruguerite(マーガレット) 9.iris(アイリス)
10.
morning glory(アサガオ) 11.psnsy(パンジー) 12.wild rose(ワイルドローズ)

ティファニーのカトラリーはそのパターンが膨大で
なかなか製作にかかわる資料が見つからず苦労しますが、
それも楽しみの一つです。




# by meichan007 | 2020-01-03 07:39 | 銀のスプーン | Comments(0)