人気ブログランキング |
ブログトップ

銀器とナイフに魅せられて

ginkinaifu.exblog.jp

アンティークのスプーンやナイフ&たまにカスタムナイフその他も紹介

フランスのデザート用小型サーバーで、

レードル、スプーン、三つ叉フォーク、トングとそろった構成です。

残念ながら全部を一度使った事が無いのですが、
この4点を同時に使うシチュエーションを考えています。


製作はHenriGabert工房(1882-1902年)で、世紀末芸術の雰囲気を漂わせた作品を

多く作っていたとのこと・・・・・


この作品も、とても雰囲気のある凝った装飾がみられますね。

デザート用サーバーセット・マスカロン (アンティーク)_a0389018_20341124.jpg


貝型のレードルは繊細な模様の入った美しいフレアーで構成されており、

部分的な金彩が魅力的です。


中空ハンドルの陽刻も非常に繊細で凝っており、エンドに近い部分のふくらみも優雅です。
またレードルばかりでなく、要所要所の金彩もいいですね。

四角ばったスプーン、三つ叉のフォークにはゴールドで草花模様が刻まれています。


それぞれのアイテム装飾はすべてが良く統一されており、

見ていてとても気持ちの良いものです。

デザート用サーバーセット・マスカロン (アンティーク)_a0389018_11405196.jpg


背面もとても綺麗です。

レードルのボール表面では金彩を中央に施していますが、
背面では逆に外側にして変化を付けています。

デザート用サーバーセット・マスカロン (アンティーク)_a0389018_21021031.jpg

それぞれのハンドルとボールやフォーク刃の結合部分には、

以前も紹介したことがありますが

ルネッサンス以降の建築物に見られるマスカロン(怪人面)が装飾されています。


トングもとても凝った造形装飾で、これも金彩とシルバーとの対比が素敵です。





# by meichan007 | 2020-01-18 08:30 | 銀のスプーン | Comments(0)

様々なシルバー キャディースプーンの中でも、造形の美しさと緻密さで有名な
Hilliard & Thomasonの代表作品の一つです。

シャベル型の一種ですが、
ベル型といっても良いような釣鐘の様なフォルムのボール部分には、
ブドウの実と葉が深いエンボス模様で見事に表現されています。

ボール部分の金采はかなりの年代を経ているにもかかわらず
しっかりと厚みがありとても綺麗です。

Hilliard & Thomasonのベル型キャディースプーンとレプリカ_a0389018_19123526.jpg


ハンドル部分には、ブドウの幹にツルが這っている様子と葉が二枚あしらわれています。
ブドウの幹は蛇を表わしているようで、先端は蛇の頭部の形になっています。

有名な作品ですので、後年にレプリカ品が色々と作られているようです。

Hilliard & Thomasonのベル型キャディースプーンとレプリカ_a0389018_19125789.jpg


左がH & Tの作品 (Birmingham 1853年)
中央は Bert Gordon (Birmingham 1970年)
右はIsrael Freeman &Sons LtdBirmingham 1978年)

中央の作品は単独で見ればH & T工房製と思ってしまうでしょうね。

子細に比較してみると
ボール部分の深さやエンボス模様がやや浅いのですが、
金采も美しく全体の造作もとてもよく出来ています。

Hilliard & Thomasonのベル型キャディースプーンとレプリカ_a0389018_19130769.jpg


大きな違いはボール裏面のエンボスが銀で埋められ
平らになっている事です。

同じメーカーの作品でも作られた年代により
少しずつ違いがみられるのは普通のことですので、
並べて見ないと表面だけでは、判別が難しいですね。

一番右はボール部分にたっぷりと銀を使って
非常に厚みがありH&Tとの違いが明らかですが、
重厚感がありとてもしっかりした造作です。


# by meichan007 | 2020-01-15 07:44 | 銀のスプーン | Comments(0)

バドワイザービール(Budweiser)は日本でも有名ですが、
中国にもビール工場が何と14か所もあるようです。

今回紹介するのは、このビールを製造している

アンホイザーブッシュ・カンパニー(1852年創業)の宣伝用ナイフで、

製作は、アメリカのカスターブラザース社(1876-1947年)です。


会社を創立したドイツ系アメリカ人のアドルファス・ブッシュ氏(1839-1913)は、

なせか会社の名前ではなく自分の名前入りのナイフを、

宣伝用として世界中の名士にプレゼントするのが好きだったとのこと。

七宝ハンドルのポケットナイフ(アンティーク)_a0389018_09041170.jpg

七宝ハンドルのポケットナイフ(アンティーク)_a0389018_09042584.jpg


下側のナイフはまさにそのナイフの一つで、

ハンドルには美しいエナメル細工(七宝)が施されています。


ハンドルのやや後方には、小型の半円球状レンズが装着されています。

後方からを光を当てて覗いてみると、

アドルファス・ブッシュの肖像画が拡大されて浮かび上がります。

会社より自分を宣伝するのが好きだったようですね。


肖像画は残念ながら、マクロレンズでもうまく撮ることができませんでした。


上側のナイフは、アドルフォス・ブッシュが亡くなって20年後

当時の社長(アドルフォス・ブッシュ3世)が、

同様のナイフを贈答用として作らせたもので、これもとても美しいナイフです。

シルバー色ですが、銀製品ではありません。

こちらには、会社名の「アンホイザー・ブッシュ」のロゴがきちんと入っています。


ハンドル裏面にはビール工場と思われる建物が描かれています。


七宝ハンドルのポケットナイフ(アンティーク)_a0389018_09043938.jpg

# by meichan007 | 2020-01-12 08:06 | 小型&クイル ナイフ | Comments(0)